子供

幼児教室でも使われている英語教材を使ってみよう

賛否両論である

キッズ

日本の早期英語教育制度は

今までの日本で、英語は「中学生から習うもの」という立ち位置でしたが、近頃ではその考え方が変わってきています。世界共通語として英語の需要が今まで以上に高まり、日本国内での社用語として英語しか取り扱わない会社も現れています。このように世界の英語の必要性が高まっていることで、日本国内でも英語を話せる人材の需要は高くなっています。そのなかで英語の授業を中学生からではなく、小学生から行なおうという動きが出てきました。社会では、「出来るだけ早い子供のうちから教育を行なった方が良い」という賛成意見や、「まずは子供にはしっかりとした日本語を教えて、英語教育は中学校から行なってほしい」という反対意見もあり、子供の早期の教育は賛否両論です。

今後の動向はどうなるのであろうか

当初は小学校からの英語教育は小学校5年生からという話で進んでいましたが、それが小学校3年生からにしてはどうかという話が上がってきています。先述の反対意見にあった「日本語をしっかり話せるようにしてからにして欲しい」という意見もあるように、そのようにまだしっかり日本語の定着していない子供に英語という第二言語を小学校教師という大多数は流暢に話せない人間が教えるというのは危ないことではないかという意見もあり、不安な点は隠せません。この小学校の学習指導要領の全面改訂は2016年中に行なわれるとされ、小学校5年生からの英語の教科化、小学校3年生からの教科外の外国語活動化は今後の日本の発展に役立つのでしょうか。しかし、外国の言葉に慣れ親しんでおくという点では年齢が低ければ低いほど良いとされています。ですから、母国語以外の言語は楽しく学べるような内容であれば特に問題はないという意見もあります。

Copyright© 2016 幼児教室でも使われている英語教材を使ってみよう All Rights Reserved.