子供

幼児教室でも使われている英語教材を使ってみよう

耳でも目でも親しむ

女の子

子供と英語語学の習得時期

近年、学校教育の現場でも「英語」が取り入れられるようになり、ますます英語の重要性・必要性が唱えられるようになってきました。子供達への「英語」教育については、賛否両論があります。しかし、長年の脳科学の研究から小さい時に始める方が良いということが判明してきました。「言葉を習得できる時期は、子供時代にある」という考えが普及し始め、多くの言語習得までのプロセスが研究されるようになりました。その後、「人間は生まれつき言語習得に優れた脳を持っているのではなく、周囲からの様々な働きかけで言葉を学習する」という研究結果が発表されました。このことから、子供の言語取得の方法が判明されました。この考えは主流になり、「言語が習得できるのは、親や周囲の働きかけで学習していくものだと」多くの人が認めるようになってきました。

効果的な学習方法とは

「英語」の習得は子供時代が最適だということが科学的に判明され、今日では数多くの学習ツールや方法が開発されています。子供向けの「英会話スクール」の開校から、インターネットを用いた学習用教材、科学的な側面からアプローチを行ない開発されたCDやDVD教材など多様化が進んでいます。子供への英語教育は日々進化し、開発が行なわれているのです。数多くの英語学習のための方法が開発される中、自宅で英語を学習させる家庭が増えています。英会話スクールに通いながら、更に自宅で英語を学習させる家庭が多く見受けられます。CDで英語を聴かせたり、DVDで視覚的に学ばせたりするなど親子での取り組みが行なわれています。この傾向は強まっており、更に多くの子供向け教材が開発されていくと考えられています。

Copyright© 2016 幼児教室でも使われている英語教材を使ってみよう All Rights Reserved.