キッズ

幼児教室でも使われている英語教材を使ってみよう

可能性を広げる

先生と園児

CDによる「大量のインプット」

幼児期へのはたらきかけは、子供の能力や才能を開花させるために必要であると言われています。今日では様々なはたらきかけが行なわれており、その中でも特に「英語」の取り組みが注目を集めています。多くの家庭で幼児への英語学習が行なわれており、それと同時に様々なニーズが生まれています。多様化するニーズに応じて多くの英語教材が開発され、英語学習の環境としてはかつてない程に整っています。この英語教材の中でもCD教材の人気が高く、これを用いた「英語の大量インプット」が主流になっています。このCD教材を使うにあたっては、「集中して聴かせる」必要はありません。何となく流れているという程度の音量で、かけ流しておくことが大切です。この方法だけで幼児は正しい発音を聞き分け理解し、英語の耳を持つことができるのです。

「絵本の読みきかせ」の重要性

幼児向けの英語教材にはCDやDVD,インターネットを利用するもの等、幅広いツールが開発されています。このようなものを利用するのも大切ですが、同時に「読み聞かせ」を行なうことも大切です。絵本の読み聞かせは子供の英語習得にとって大変有効なものであり、子供の脳に深く記憶として定着します。この読み聞かせの際には、「正しい発音」が必要になるのではありません。親の発音が正確なものでなくても、普段から大量の英語を聴いている子供は、正しい発音で理解しているのです。毎日正しい英語を聴いている子供は、ネイティブの発音が身に付いているのです。今日では、絵本とCDが1つになった英語教材も開発されているのでこれらを利用するのも良いでしょう。こういった教材は、数多くの幼児教室でも使われていることがあります。幼児教室で使用しているような教材を個人的に購入することも可能です。

賛否両論である

キッズ

現在では小学校低学年から授業で外国語の時間をとっている学校が増えています。それに対して賛否両論ありますが、母国語である日本語も外国語も両方共とても重要な言語の一つであることに間違いありません。

読んでみよう

英会話教室を訪れてみよう

先生と子供

外国語である英語は、勉強という形から入ると難しく感じてしまうこともあります。ですから、子供向けの英会話教室に行って楽しく学ぶという方法もあります。そうすることで自然と英語力を身に付けることが可能です。

読んでみよう

耳でも目でも親しむ

女の子

言語力を取得するには、外部からのアプローチが必要不可欠だということが研究で判明しました。ですから、第二ヶ国語として英語を子供に学ばせたいと考えているのであれば、CDやDVDなどを使用して普段から慣れ親しんでおくことが重要です。

読んでみよう

Copyright© 2016 幼児教室でも使われている英語教材を使ってみよう All Rights Reserved.